現在位置: トップ > YOLPの特徴 > OpenStreetMapをパワフルに使いこなす

ここから本文です

-YOLPの特徴- OpenStreetMapをパワフルに使いこなす

Yahoo! Open Local Platform(YOLP)のAPIで、OpenStreetMapの世界中の地図データが自由自在に使えます。

話題のOpenStreetMapを簡単に使える

OpenStreetMap(OSM)(外部サイト)とは、道路地図などの地理情報データを誰でも利用できるよう、フリーの地理情報データを作成することを目的としたプロジェクトです。世界中の地図が作成されており、OSM.org(外部サイト)にアクセスすれば、誰でも地図を編集できます。ここ数年、OSMはメジャーなiPhoneアプリケーションなどで利用され始めています。
YOLPではこのOSMのデータを簡単に利用できるAPIを提供しています。Yahoo! JAPANの提供する強固なバックエンドシステムにより、パワフルにOSMを使いこなしていただけます。

話題のOpenStreetMapを簡単に使える

Yahoo! JAPANオリジナルの地図デザイン

YOLPで利用できるOSMの地図は、Yahoo! JAPANオリジナルのデザインです。長年の地図デザインノウハウを生かして、地図上の大量の情報を整理し、必要な内容を即座に読み取れるように加工しています。
このオリジナルデザインのOSMを利用できるのはYOLPのAPIだけです。

  • Yahoo! JAPANオリジナルデザインのOSM
  • 標準デザインのOSM

OSMへ日本全国の地図データを無償提供

OSMは、東日本大震災やハイチ地震の際に、地図をはじめ救護活動・復興支援に有効な地理情報をいち早く提供しました。Yahoo! JAPANは、こうした活動に賛同し、OSMに対して日本全国の詳細地図データを提供しています。
詳細地図データが反映されたOSMをぜひご活用ください。

本文はここまでです このページの先頭へ