現在位置: トップ > YOLPの特徴 > YOLPの共通データフォーマット

ここから本文です

-YOLPの特徴- YOLPの共通データフォーマット

Yahoo! Open Local Platform(YOLP)では、各APIが共通で使えるデータフォーマットを提供しています。

YOLP Data Format(YDF)とは?

Yahoo! Open Local Platform(YOLP)では、地域情報を扱いやすくするために、全APIで共通のデータフォーマット、YOLP Data Format(YDF)を定義しています。 YDFを使うことで、YOLPの各API間でのデータのやり取りが行いやすくなり、スムーズに連携できます。 またデータはYDFに集約でき、プログラムとデータを完全に分離することが可能です。

YOLP Data Format(YDF)図表

3段階のデータ出力レベル

YDFは、地域情報のウェブサービス、スマートフォン向けアプリケーションでよく使われる、1)地図ページ、2)検索結果リストページ、3)詳細情報ページの3段階のページ構成をひとつのファイルで表現できるように設計されています。 データ出力レベルを指定することで、ファイルの中から必要なデータ項目だけを取得できます。

データ出力レベル 情報量
簡易(simple) 名称とユニークID、座標などアイコン表示に最低限必要な項目のみ出力します。 地図ページ
標準(standard) 簡易に加え、住所や電話番号などすべてのデータで共通の項目を出力します。 検索結果リストページ
詳細(full) 標準以外の、各データ元別に持っているすべての項目を出力します。 詳細情報ページ

YDFデータを使ってみる

拠点情報を検索できるYahoo!ローカルサーチAPIや住所から緯度経度情報を取得できるYahoo!ジオコーダAPIなど、YOLPの検索APIはYDF形式で結果を返します。一方で、地図を表示するYahoo! JavaScriptマップAPIやYahoo!スタティックマップAPI、スマートフォン向けのYahoo! iOSマップSDKやYahoo! AndroidマップSDKは、YDF形式のデータを簡単に取り込んで地図上に表示できます。

以下のYDF形式のデータをYahoo! JavaScriptマップAPIで読み込んで表示しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<YDF xmlns="http://olp.yahoo.co.jp/ydf/1.0">
  <Result>
    <Count>4</Count>
    <Total>4</Total>
    <Start>1</Start>
    <Latency>0</Latency>
    <Status>200</Status> 
    <Description />
    <Copyright />
  </Result>
  <Item>
    <Name>マーカーのサンプル</Name>
    <Property>
      <Description>&lt;div dir=&quot;ltr&quot;&gt;サンプルです。&lt;br&gt;&lt;a href=&quot;http://map.yahoo.co.jp/&quot;&gt;サンプルです。&lt;/a&gt;&lt;br&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;</Description> 
    </Property>
    <Style>
      <Target>style1</Target>
    </Style>
    <Geometry>
      <Type>point</Type>
      <Coordinates>139.538773,35.589916</Coordinates> 
    </Geometry>
  </Item>
  <Item>
    <Name>マーカーのサンプルです。</Name>
    <Property>
      <Description>&lt;div dir=&quot;ltr&quot;&gt;サンプル。&lt;span style=&quot;font-weight:bold&quot;&gt;&lt;span style=&quot;background-color:rgb(255, 0, 0)&quot;&gt;サンプル&lt;/span&gt;。&lt;span style=&quot;font-style:italic&quot;&gt;サンプル&lt;br&gt;&lt;span style=&quot;font-style:italic&quot;&gt;&lt;span style=&quot;font-weight:bold&quot;&gt;&lt;img src=&quot;//s.yimg.jp/images/yjdn/login/yjdn50x50.gif&quot;&gt;&lt;/span&gt;&lt;/span&gt;&lt;br&gt;&lt;/span&gt;&lt;/span&gt;&lt;/div&gt;</Description> 
    </Property>
    <Style>
      <Target>style3</Target>
    </Style>
    <Geometry>
      <Type>point</Type>
      <Coordinates>139.539383,35.590370</Coordinates> 
    </Geometry>
  </Item>
  <Item>
    <Name>ラインサンプル</Name>
    <Property>
      <Description>&lt;div dir=&quot;ltr&quot;&gt;ラインのサンプルです。&lt;/div&gt;</Description> 
    </Property>
    <Style>
      <Target>style4</Target>
    </Style>
    <Geometry>
      <Type>polyline</Type>
      <Coordinates>139.538956,35.590256 139.539352,35.590019 139.539551,35.589794 139.539810,35.589645</Coordinates> 
    </Geometry>
  </Item>
  <Item>
    <Name>ポリゴンサンプル</Name>
    <Property>
      <Description>&lt;div dir=&quot;ltr&quot;&gt;ポリゴンファイルのサンプルです。&lt;/div&gt;</Description> 
    </Property>
    <Style>
      <Target>style2</Target>
    </Style>
    <Geometry>
      <Type>polygon</Type>
      <Coordinates>139.538025,35.591564 139.537537,35.591644 139.536865,35.591232 139.538223,35.590080 139.538727,35.590378 139.538361,35.590961 139.538025,35.591564</Coordinates> 
    </Geometry>
  </Item>
  <Style>
    <Id>style1</Id>
    <Type>icon</Type>
    <Image>http://maps.gstatic.com/intl/ja_jp/mapfiles/ms/micons/picnic.png</Image>
  </Style> 
  <Style>
    <Id>style3</Id>
    <Type>icon</Type>
    <Image>http://maps.gstatic.com/intl/ja_jp/mapfiles/ms/micons/purple-pushpin.png</Image>
  </Style>
  <Style>
    <Id>style4</Id> 
    <Type>line</Type>
    <Opacity>85</Opacity>
    <Color>006600</Color>
    <Size>5</Size>
  </Style>
  <Style>
    <Id>style2</Id> 
    <Type>fill</Type>
    <Opacity>45</Opacity>
    <Color>FF0000</Color>
  </Style>
</YDF>
本文はここまでです このページの先頭へ