ここから本文です

Yahoo! MAPの地図表示システムをMapbox社製に変更しました

[お知らせ]  2019年10月16日


いつもYahoo! MAP、Yahoo!地図をご利用いただきありがとうございます。

Yahoo! MAPの地図表示システムを、このたびMapbox社製に変更しました。今回の変更により、地図表示のパフォーマンスが向上し、よりスムーズな動きを実現します。

今回の変更は段階的リリースとなっており、10月15日より一部の端末から徐々にアップデートされます。アップデートが公開されていない場合は、しばらくお待ちください。

 Mapbox社とは
 Mapboxは 160万人以上の開発者向けリアルタイムのロケーションプラットフォームを開発しています。 MapboxはAPI(アプリケーションプログラムインターフェース)とSDK(ソフトウェア開発キット)を通じ、世界地図、リアルタイムの交通情報、位置検索、そしてナビゲーションを提供します。

 2010年に設立したMapboxのオフィスはサンフランシスコ、ワシントンD.C.、ヘルシンキ, ミンスク, 上海, そして東京にオフィスを構えています。


地図はゼンリン社製を引き続き使用します

Mapbox社製の地図表示システムを用いてゼンリン社製の地図を表示しています。信頼性の高い地図データをヤフーで見やすくデザインし、正確で詳細な地図を提供しております。


地図操作がよりなめらかになりました

地図表示システムの変更により、地図をスクロールした際の通信量が約30%削減されました。
その結果、よりなめらかな操作感が実現しました。


スケールバーを常に表示

要望の多かった「スケールバー」を、よりわかりやすいデザインで常に表示するようにしました。




地番、バス停をくっきりと表示

もうひとつ要望の多かった「地番」と「バス停」アイコンのサイズを少し大きくし、くっきりした表示となりました。
広域な地図でも表示されるようになったため、地図を動かす手間が削減されました。




Mapbox社への位置情報提供について

今後はMapbox社と連携し、より高精度で鮮度の高い地図を提供するために、お客様の位置情報を特定の個人を識別することができないように加工した状態でMapbox社へ提供します。
提供されたデータはプライバシーポリシーにしたがって運用されます。


位置情報提供の設定変更の方法
Mapbox社への位置情報提供の設定は以下の方法で変更することができます。
※画像はiOS版です。Androidの設定変更も同じ操作でおこなえます。






Web版Yahoo!地図は近日中にリリース予定

Web版Yahoo!地図も、この新しい地図表示システムを近日中にリリースします。
リリースに伴い、Web版Yahoo!地図はPC・スマートフォンともに、Yahoo! MAPアプリの地図デザインを全面的に踏襲します。

なお、現在提供している地図種類の「ビビット」「ボールド」「OSM」など一部の表示機能が終了となります。


推奨ブラウザをご利用ください
Web版Yahoo!地図をスマートフォンでご覧いただくには、推奨ブラウザをご利用ください。

推奨ブラウザ
  • Safari (最新版)
  • Chrome(最新版)
  • Firefox (最新版)

推奨ブラウザをご利用いただいても、ご利用の端末によってはサービスをご覧いただけない場合があります。


今回の記事について、ご意見やご質問がございましたら、アプリの地図画面[左上メニュー]>[ご意見・ご要望]よりお寄せください。

引き続き、Yahoo! MAPをよろしくお願いいたします。



■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧


※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2020 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。
  バーコードの読み取り方

アーカイブ