ここから本文です

冬の帰省やドライブも、Yahoo!カーナビの「オートリルート」があれば大丈夫!

[お知らせ]  2017年12月28日


今年も残すところあとわずかとなりました。年末年始に家族で遠方へ帰省する方は、長時間のドライブになりますよね。

お出かけ前に交通情報や天気予報を確認したときは大丈夫だったのに、長時間運転をしているあいだに、いつの間にか大渋滞になってしまったり、 雪がどんどん降ってきてこの先の道路が通行止めになってしまった……なんてことも。

でも安心してください、Yahoo!カーナビがあればそんな時も大丈夫!




交通情報をオンにして「通行止め」を回避しよう

この時期、特に気をつけたいのが「積雪による通行止め」です。特に山間部などでは長期間道路が閉鎖される「冬期通行止め」になる区間も多くあります。

Yahoo!カーナビでは「交通情報をオン」にすることで、「冬期通行止め」の区間がわかります。

【左】交通情報オフ 【右】交通情報オン



通行止め区間を避けたルートを検索
さらに、ルート検索時には「冬期通行止め」区間を避けたルートが表示されます。

【左】交通情報オフ 【右】交通情報オン


「交通情報」のご利用には、Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。
詳しくはこちらをご確認ください。


高速道路で通行止めが発生したら?

高速道路で事故や大雪による突然の通行止めがあっても、「交通情報をオン」にしておけばリアルタイムに交通情報が配信され、最適なルートを選択します。


東名・新東名高速道路がまさかの通行止めに!
2017年2月11日、東名高速道路の大井松田IC~沼津IC間、新東名高速道路長泉沼津IC~御殿場JCT間が雪により通行止めとなる事態がおきました。

Yahoo!道路交通情報の画像(2017年2月11日)

※路線をタップすると通行止めの原因が確認できます。


突然の通行止めもバッチリ回避
ルート検索結果を見ると、長泉沼津ICから一般道に降りて高速道路の通行止め区間を回避していることがわかります。




通常時にないルートが提案されることも
通常では名古屋~東京間の移動は新東名・東名ルートが早く、おすすめでも高速優先でも中央道が提案されることはないのですが、 このときは高速優先で中央道ルートのほうが所要時間が短く、提案ルートに入っていました。

【左】新東名・東名ルート 【右】中央道ルート



オートリルート機能があるから大丈夫!

Yahoo!カーナビではルート案内をしているあいだ、一定の間隔でルートを再検索しています。最初に設定したルートよりも大幅に早いルートが見つかった場合、 自動的に新しいルートに変更し、発話音声でリルートをお知らせしてくれます。

オートリルートの発話イメージ



突然の通行止めにも対応
ルート案内の途中、この先の道路で事故や大雪などで通行止めが起きてしまった場合にも、自動的に新しいルートを検索してくれるから安心です。
※通行規制によるリルートの場合、ルート変更の発話はありません。(2017年12月現在)


通行止めが解除されたら?
通行止めが解除された直後、本線上では継続して渋滞が起きている可能性があります。 渋滞が解消され、所要時間が大幅に短縮されると判断した場合、本線へ自動的にオートリルートがおこなわれます。


「オートリルート」を利用するには、Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。
詳しくはこちらをご確認ください。


よくYahoo!カーナビには「オートリルート機能はないのですか」という問い合わせをいただきます。 気づかれにくいのですが、実はしっかり実装されていることがお分かりいただけると幸いです。

今後、オートリルート機能をより便利により快適にご利用いただけるように改良を重ねていきたいと思っています。 ぜひ、この年末年始もYahoo!カーナビで快適・安心なドライブをお楽しみください。
(文:片川)


■Yahoo!カーナビを初めてご利用の方に Yahoo!カーナビ「かんたんガイド」
■関連する記事
■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧


Yahoo!カーナビをダウンロード


※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2019 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。
  バーコードの読み取り方