ここから本文です

Yahoo!カーナビ:現在地のズレでお困りの方、置き場所を変えてみよう(前編)

[便利帳]  2018年3月5日


皆さんは、車でYahoo!カーナビを使う時にスマートフォンをどこに置きますか? 

よく耳にする場所は、

  • ダッシュボード上
  • エアコンの吹き出し口
  • メーターパネルの前
  • シフトレバー付近
  • 運転席のドアポケット
  • 助手席

それぞれ、好みや理由があると思います。

しかし、スマートフォンの置き場所が良くないと、GPS衛星からの電波を受信しにくくなることを御存知ですか? 

カーナビに表示される現在地は、GPSによる位置情報です。そのため、GPSの電波を受信しにくいと、現在地はズレてしまいます。スマートフォンの置き場所を少し動かすだけで、現在地が数十メートルずれることも。ひどい時は現在地を見失うこともあります。

「現在地がズレる」
「運転しても現在地がスムーズに前進しない」

そんな状況でお困りの方は、スマートフォンの置き場所を少しだけ変えてみませんか? 

今回は、スマートフォンの「ベストな置き場所」を探す実験結果を紹介したいと思います! 




こんな実験をしてみました

写真のようにスマートフォンを5台置き、走行中のGPSの精度を比較してみました。



No. 置き場所 機種
①  エアコン吹き出し口のホルダー  Nexus5(Android) 
②  シフトレバーの前  Nexus5(Android) 
③  シフトレバーの後ろ  Nexus5(Android) 
④  シフトレバーの後ろ  SOL22(Android) 
⑤  シフトレバーの後ろ  iPhone7(iOS) 

①~③はAndroidの同じ機種です。置き場所による違いを調べるためです。
④もAndroidですが、違う機種を用意しました。機種による違いを調べるためです。
⑤はiOSのスマートフォンです。OSによる違いを調べるためです。

各スマートフォンには、GPSの精度を1秒ごとに調べる専用アプリを仕込んであります。

※現在地はYahoo!カーナビアプリが測定するのではなく、スマートフォン自体が測定します。そのため、皆さんにリリースしているYahoo!カーナビアプリではなく、専用アプリでスマートフォン自体のGPS精度を測定しました。

これらをコンパクトカーに乗せて、空が見渡せる郊外の道路と、見渡せない高速道路下の道路を数10分間走行してみました。

空が見渡せる郊外の道路

空が見渡せない高速道路下の道路


置き場所によるGPS精度の違い

まずは、置き場所による違いです。

Androidの同じ機種3台について、GPSの精度を比較してみました。


以下は、走行中に測定したGPSの誤差の平均値です。誤差が小さいほど精度が良かったことを意味します。

No. 空が見渡せる道路 空が見渡せない道路
①  3.9m
(最大6.0m)
12.2m
(最大24.0m)
②  10.0m
(最大12.0m)
16.3m
(最大57.0m)
③  4.2m
(最大7.0m)
12.7m
(最大36.0m)
(括弧内は最大値)

GPSの誤差は①が最も小さく、②が最も大きい結果となりました。

①と②はたった30cmしか離れていません。しかし、誤差は倍ほど違いました。どちらも窓ガラスに近いですが、②はエアコンのスイッチに隠れているため、GPS衛星の電波を受けにくかったのかもしれません。

また、空が見渡せない道路ではいずれも誤差が大きくなりました。GPS衛星自体が見えないためだと思いますが、中でも②の誤差は最大57mとなりました。57mは時速60kmで3秒以上も進む距離です。これだけ現在地がズレると、右左折箇所を間違えてしまいます。

これらの結果から、スマートフォンはできるだけ窓に近く、上の方に置くのが良いと思います。


続いて後編では、機種やOSによるGPS精度の違いを紹介したいと思います! 


(文:大橋)


■Yahoo!カーナビを初めてご利用の方に Yahoo!カーナビ「かんたんガイド」
■関連する記事
■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧



Yahoo!カーナビをダウンロード


※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2019 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。
  バーコードの読み取り方