ここから本文です

【Jリーグ25周年】クラブ数は約5倍! 動画マップで変遷を見る

[雑学・豆知識]  2018年3月2日


(写真:アフロ)

今年はJリーグが誕生して25年。

クラブ数の増減を繰り返し、開幕当初の10クラブから54クラブまで増えました。
そこで、クラブ数の広がりを地図で表してみました。


1993年 Jリーグ開幕


(※色が付いている都道府県にクラブが存在しています。色の濃い方がクラブ数が多いことを表しています。)

最初は 鹿島、市原、浦和、川崎、横浜M、横浜F、清水、名古屋、大阪、広島の10クラブで開幕しました。まだこの当時は東京を本拠地とするクラブはありませんね。

これ以降毎年2クラブ加入が続き1998年には札幌が加入し北海道にもJリーグクラブが誕生します。


1999年 J2が創設


次に2部制となりJ2が創設された1999年を見て見ましょう。

この年は横浜フリューゲルスのクラブ消滅も含め大きく変化のあった年になります。J2創設により一挙に10クラブ増えました。(仙台、山形、大宮、F東京、川崎F、新潟、甲府、鳥栖、大分)

これにより東京を本拠地としたクラブが初めて誕生します。また、仙台、山形の加入により東北初のクラブが誕生しています。

以降毎年のように加入するクラブがあり、2005年には徳島が四国初のクラブとなり、2011年には鳥取が山陰初のクラブとなっています。

2014年にはついに3部構成となりJ3が創設されます。これにより沖縄にもクラブが誕生しました。


2018年 現在54クラブ



クラブ数が多い県は、神奈川が6クラブで最多。続いて4クラブの静岡、3クラブの東京となっています。

ちなみに愛知と広島は初年度からありますがそこから増えていません。人口規模を考慮するともう1クラブあるとおもしろいかもしれませんね。

初年度にはクラブは9府県にしかなかったのですが、今は38都道府県にあり、逆に残るJクラブが存在しない県は9となります。こうしてみると近畿地方は空白域となっていますね。


全部見せます Jリーグクラブ25年の変遷

だんだんと全国に広がっていく様子を動画にもしています。



このように、全国に広がったため試合も様々なところで行われています。

ぜひYahoo!カーナビとYahoo! MAPアプリを使って拠点に足を運んでみてくださいね。

アプリのインストールは下記のバッジをタップしてください。
(文:浅井)


↓Yahoo! カーナビアプリで調べてみよう↓

↓Yahoo! MAPアプリで調べてみよう↓


■Yahoo!カーナビを初めてご利用の方に Yahoo!カーナビ「かんたんガイド」
■関連する記事
■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧


※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2019 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。
  バーコードの読み取り方