ここから本文です

現実世界とアプリの世界が、ひとつに重なった! Yahoo! MAPの新機能「ARモード」

[お知らせ]  2018年3月5日


Yahoo! MAP(iPhone版)に、新機能「ARモード」を追加しました!
AR(※)を活用して、スマホのカメラに写る実際の風景に、矢印や看板などの地図情報を重ねてルート案内をします。

【利用上のご注意】
端末の性能により実際の位置とずれる可能性があるため、必ず立ち止まってから画面を見て、周りを十分に確認してから進んでください。

※ARとは?
ARとはAugmented Realityの略で、日本語では「拡張現実」。実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示することで、目の前にある世界を“仮想的に拡張する”技術のこと。

ARモードの使い方

1.目的地を検索して、吹き出しの青いアイコンをタップ。
2.ルート選択で「徒歩ルート」を選択して、「出発する」をタップ。


3.画面右上の「ARモード」をタップすると、カメラが起動します。
4.安全な場所で立ち止まって、スマホを左右にゆっくり動かします。


5.空間が正しく認識されるとARモードに切り替わり、画面に青いルートラインが現れます。


・ARモードで画面左上の「案内終了」をタップすると、ルート案内を終了します。
・画面右上の「地図モード」をタップすると、地図モードに戻ります。


ARモードの表示

①青いルートライン=ゴール(目的地)までのルート示します。
②白い矢印=進行方向を示します。
③看板=ゴールまでの距離と、曲がり角を示します。
④けんさく(※)=ゴール地点に立っています。
※けんさくとは?


「足跡」で、どの方向から来たかわかる

歩いてきた道のりには「足跡」が残ります。
「足跡」からどの方向から来たかわかるので、間違って来た道に戻ることもありません。


「足跡」の絵は通常「靴跡」を表示しますが、ARモードの利用頻度によって「はだし」や動物の足跡など、数種類の絵柄がランダムに登場します。
中にはレアな足跡があるかもしれません。いろいろな「足跡」を見つけてください!

【こんな表示が出たら……】
「ルートから外れています」
赤い矢印の方向に回転して青いルートラインを確認してください。
「空間の認識に失敗しました」
光量不足などが考えられるため、場所を変えて再度お試しください。


【利用上のご注意】
ARモードは、必ず立ち止まって操作してください。
  • スマートフォンの画面を見つめながらの歩行(歩きスマホ)は大変危険です。周囲の状況をよく確認して、安全なご利用に十分ご留意ください。
  • ARモードは端末性能の限界で、正しくない位置にルートラインが引かれる可能性があります。そのため、出発地からどちらに歩いていくか確認する時など、短時間での方向確認にご利用ください。
  • 横断歩道上にルートラインが引かれる場合もあるため、ARモードを見る時は必ず立ち止まって、周りを確認してから目的地に進んでください。
  • ARモードはモーションセンサーやカメラからの情報、GPS等を利用しているためバッテリー消費量がたいへん高くなります。事前にバッテリー残量をお確かめのうえ、ご利用ください。

目の前の風景にナビ情報を映し出す「ARモード」は、より分かりやすく目的地へとご案内します。
『今まで、どの地図アプリを使っても道に迷った』というアナタも、ぜひYahoo! MAPの「ARモード」をお試しください!

※画面はサンプル画像のため、実際の内容とは異なる場合があります。

最新版のアプリで「ARモード」を使う!

「Yahoo! MAP」ではみなさまからお寄せいただいたご意見を元に、今後も機能改善に努めてまいります。 ご意見・ご要望がございましたら、アプリの「その他」>「設定(右上の歯車マーク)」>「ご意見・ご要望」よりお寄せください。

■おすすめの記事
※アプリケーションはiPhone、iPad、iPod touchでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2019 Apple Inc. All rights reserved.

※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。→バーコードの読み取り方