ここから本文です

きたせんが「キタ!」 横浜北線(3/18開通)のトンネルウォークに行ってきました(前編)

[紀行・たび日記]  2017年3月17日


3月18日(土)16時に、首都高速道路 横浜北線 生麦JCT~横浜港北JCT間が開通します。
開通に先駆け、3月11日、開通区間の一部で開通記念イベント「横浜北線ウォーク」が実施されました。 今回のブログはYahoo!カーナビのスタッフによる参加レポートです。
※会場は2つありましたが、今回は新横浜会場で参加したレポートです。


晴天に恵まれウォーク日和になるものの トンネルがメインの横浜北線!

こんにちは。Yahoo!カーナビで、事業開発を担当している藤井です。今回は、私がこの「横浜北線ウォーク」をレポートします。

まずは、私が参加した新横浜会場のコース紹介から。
新横浜会場のウォーキングコースは、約4km。亀の甲橋交差点付近「新横浜ランプ」から横浜北線に入り、そのまま約2kmを歩き、本線トンネルの途中で折り返すコースです。



晴天に恵まれました!
周辺から続々と人が集まってきています。横浜北線を見たい気持ちが高まり、すこし早歩きになります。


新横浜会場入り口に到着しました。
新横浜会場のウォークイベントには、約1万人が参加しているようです。

まだ新しい道路には「湾岸線」「第三京浜」の文字が! この上を歩けるのは今日だけ! 遠目にトンネル入口が見えてきました。

どんどん進むと、「新横浜トンネル」が現れました! さっそく中に入ってみましょう。
分かりますか? 道路に傾斜があり、注意していないと 右側に「おっとっと」と傾いてしまいます。車だと気持ち良さそうなカーブですね。

入口の料金所ゲートが見えました。子どもたちがゲートで記念撮影をしていますね。

さらに進むと、今度は「横浜北トンネル」が見えました。晴天に恵まれているのに、トンネルだらけです!(笑)

この横浜北線は延長8.2kmのうち、5.9kmがトンネルなのだそう。

「横浜北トンネル」に入ると受付があり、ノベルティが入った一式を頂きました。ノベルティは、後編の最後で紹介します。

大きな非常口がたくさんありました。係員さんが開いて見せてくれます。

自動火災検知器も。約25m間隔で設置されているそう。赤外線で自動的に火災を検知し、管制室に通報するそうです。安心ですね。

目玉の一つでもある「はたらく車」の展示がありました。子どもにも大人気。

こんなバッグが販売されてました。横断幕か何かを再利用したバッグのようで、デザインも1点1点違うものでした。丈夫そうですねぇ。

横浜市港北区のキャラクター「ミズキー」を発見。 この開通で港北ニュータウンへのアクセスも増えることが期待されているため、頑張ってPRしていました! 記念にツーショット!

水噴霧設備のデモンストレーションが目の前に! 火災時に活躍するであろうスプリンクラーのデモが、5分おきに実施されていました。
よくわからないかもしれませんが、ぶわーって水が噴出しているところ


まだまだ見どころはいっぱい。「横浜北線 トンネルウォーク」後編へ続きます。
(文:藤井)


横浜北線もバッチリのYahoo!カーナビです!

■おすすめの記事
■関連する記事
■Yahoo!地図ブログ 過去の記事一覧
■Yahoo!カーナビを初めてご利用の方に Yahoo!カーナビ「かんたんガイド」

※実際の交通ルールに従って運転してください。
※運転中の操作および画面注視は大変危険ですのでおやめください。
※必ず安全な場所に停止してから操作および画面を注視してください。

※アプリケーションはiPhone、iPadでご利用いただけます。
※Apple、Appleのロゴ、App Store、iTunesは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。
※iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
※アプリケーションはAndroidでご利用いただけます。
※Android、Androidロゴ、Google Play、Google PlayロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
※スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です。
  バーコードの読み取り方